カテゴリ:
  • 2019年10月
  • ランチタイム
  • お会計:2,700円(大人2人分)
国道沿い、以前は大手住宅メーカーのモデルハウスがポツンと建っていて、見かける度に「なんで!?」と不思議に思っていた。
しばらくすると、工事が始まった。
そっかー、とうとう壊すのかぁ勿体ないね、と思っていたらなんとリフォーム工事。
モデルハウスの外観そのままに、気が付くとカフェがオープンしてしまった。

ただしこのカフェ、難物で、営業時間が短い。
平日の11時から17時まで。
会社休まないと来れないじゃん。。。

ずーっと訪問機会を狙っていたら、働き方改革のあおりを受けてしまい休めプレッシャーをかけられるようになった。
表面上しぶしぶ、心の中ではウキウキ軽やかに有給休暇を申請して、いざ訪問。

平日。11時の開店直後。
私達が1組目のお客。

普通のお宅の玄関扉を開ける。
いかにもモデルルーム的な広い玄関は、ある意味今風モダンな銭湯で靴を預ける場所のような、ちょっと説明が難しい懐かしい感じがした。
真っ白な壁、お洒落な建具。
女はテンション上がる空間

テーブル席・和室・シアタールーム(!? そんなのもあるの…)、どこでもお好きなお席に、とのことなのでテーブル席へ。
ランチセットではない、カフェメニューのサンドイッチを2つとコーヒーをオーダー。

事前に口コミで確認していた通り、お料理が出てくるまでに時間がかかった。
11時入店 → すぐ注文(05分ぐらいかな?)→ 25分 にお料理登場

20191021_006
向こう側はダブルたまごサンド(潰したタマゴサラダ&焼きタマゴ)。900円。
手前はロースカツサンド。1,000円。

20191021_007
サンドイッチのセットドリンクは400円でホットコーヒー・紅茶・ジュース数種類から選べる。ランチセットはお値段にドリンクの料金も含まれていて、種類は同じ。

焼いたタマゴサンドを1切れシェアしてもらった。
食パンは焼いていないタイプ。
葉っぱ類のサラダはサンドされていない。たまごオンリー。コレ、好きだなー

思い出されるのは嵜本ベーカリーカフェの『厚焼きたまごの極美サンドイッチ』(900円)。かぶりつくのに難儀するヤツね。


上手に食べられないというか、タマゴを落としてしまうことを前提に作ってるだろうってぐらいに分厚い。
プレートに落下したタマゴ焼きは、スプーンですくって安全にいただいた

そして、更に難物だったのはカツサンド。
こちらも嵜本ベーカリーカフェの『たっぷり野菜と豚ロースカツの極美サンドイッチ』(1,800円)を思い出す。とにかくボリューミーで分厚い。
でも、こちらの難点はサラダで、キャベツの千切りメインだったように思うのだけど、水分が多いのかドレッシングがサラサラかつ大量なのか、べっちゃべちゃなのだ。
あー、パンもカツも完全に濡れている
うーーーーー、残念。
次回はランチメニューの『ミラノ風ポークカツレツ』にしようっと。
これならカツが乾いた状態で出てくるはず。
分厚くて、でも柔らかくて、濡れていてもサッパリと食べれる。美味しい。

コーヒーは文句無しに美味しかった。香りよし、熱さも良い

ランチのメニューはこちら。
20191021_004
20191021_005
1日10食というハンバーグが口コミでは人気っぽかったけど、実際はどうかな。。。
他のお客様のオーダーがよく分からなくて

1時間ほどお店にいたけれども、私達以外には3組だけ、しかも一組は3-4人ぐらいのグループさんだったみたいで和室に陣取っていて様子がよく分からない。
本当に静かでゆっくり出来るお店だった。

20191021_002
テーブル席は4つ。奥はキッチンで1-2人おられたように思う。

20191021_003
衝立の向こう側が玄関、見えないけどその向こうに和室。シアタールームは階段下の向こう側のお部屋みたい。

家具や無用な飾り・雑貨をそぎ落としていけば、こんな素敵な空間になるんだなー、と良いお勉強になりました。

20191021_001
テンション上がる静かな空間で、美味しいコーヒー飲みながらランチできるお店を見つけられて嬉しい
店員のおねーさんも感じの良い美人さんでした。
また伺いますー。


ランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。

大阪食べ歩きランキング